JR九州病院
文字の大きさ 文字 小 文字 中 文字 大

アクセス
外来案内
外来案内

診察時間等外来の手続きよくあるご質問(外来)外来担当医一覧診療科・センター・部門のご案内人間ドック乳がん検診
セカンドオピニオン外来

診療科・センター・部門のご案内
■診療科一覧

一般内科(感染症)・呼吸器内科循環器内科消化器内科肝臓内科リウマチ科神経内科血液内科
糖尿病内科外科整形外科泌尿器科婦人科眼科放射線科耳鼻咽喉科麻酔科病理診断科

■センター・部門一覧
消化器センター外来化学療法室看護部中央手術室薬剤科臨床検査室中央放射線室リハビリテーション室
栄養士室医療連携室
乳がん検診

当院は「北九州乳がん検診指定医療機関」となっております。
乳がん検診実施医療機関(北九州市ホームページ)

北九州市乳がん検診は毎日女性スタッフでの対応が可能です。
検診は事前予約制となっておりますので、下記の番号までご連絡をお願い致します。

予約受付番号:093-381-5661(代表)
※8:30〜16:30、土曜・日曜・祝日除く

 

ページの先頭に戻る

 

01.検診の流れ

 


ページの先頭に戻る

 

02.マンモグラフィについて

 

■マンモグラフィとは
乳がんの早期発見、早期治療開始のために乳房撮影専用の装置を使用して行う検査です。 JR九州病院では、マンモグラフィ検診制度管理中央機構のガイドラインをクリアした撮影装置を 使用して検査を行っております。(平成29年春 3Dマンモグラフィ装置導入予定)また、読影は マンモグラフィ読影認定医が、撮影はマンモグラフィ撮影認定診療放射線技師が行っております。

■検査上の注意

上半身は専用の検査ガウンに更衣していただきます。長髪の方は後ろでとめていただき眼鏡や ネックレスは外していただきます。

 

■撮影方法について

マンモグラフィでは乳腺が良く見えるように乳房を圧迫板と呼ばれる板で挟み、薄く広げて撮影を 行います。基本的に上下方向と、斜め横方向からの2方向で撮影します。いずれの方向の撮影でも 出来るだけ乳房を伸ばして圧迫し、乳房全体が写真に写りこむようにします。
※女性技師が対応いたします。

▼GE社製 Alpha RT

 

ページの先頭に戻る

 

03.エコー検査について

 

■エコー検査とは
医療領域で使用する超音波のうち、15MHzから18HMzを用いて乳腺組織を画像化するもので、痛みや人体への影響が少ない検査です。

■検査方法

上半身を脱いでいただき、ベッドに仰向けで寝ていただきます。胸に検査用の温かいゼリーを塗り、超音波を発生させる探触子(プローブ)で乳房上を滑らせるようにして検査をします。検査時間は約10分程度です。

 

■検査上の注意

ネックレスを外し、髪の長い方は一つにまとめて頂きます。食事の制限はありません。

■乳腺エコーの特徴

数ミリの手に触れないしこりを見つけ出すことができます。また、しこりの性状が分かります。マンモグラフィーでは良好な撮影ができない強い乳腺症の方や若年の方、放射線被ばくを避けたい妊娠中の方、乳房の圧迫に耐えられない方などに超音波検査が適しています。
※女性技師が対応いたします。

▼日立製作所 ARIETTA S70

 

ページの先頭に戻る

 

04.料金について

【北九州市乳がん検診】

対象者 検診内容 料金 受診頻度
40歳以上 マンモグラフィ 1,000円 2年に1度

*70歳以上の方は無料です。

また、自費での検診も承っております。

検査内容 料金(税込)
視触診・マンモグラフィ 9,720円
視触診・エコー検査 6,480円
視触診・マンモグラフィ・エコー検査 12,960円

北九州市乳がん検診と自費での検診を組み合わせることも可能です。
例)北九州市のマンモグラフィ検診(1,000円)+自費での視触診・エコー検査(6,480円)等

 

ページの先頭に戻る

 

05.院内広報誌「想」第36号のご紹介
広報誌 「想−sou」

広報誌「想-sou-」 第31号

広報誌「想-sou-」 第36号 (2016 秋発行)

FRONT Voice 〜 乳がんについて 〜

乳がんについて外科医師による解説や、乳がん検診を担当する女性技師の紹介、旬の味だよりなどを掲載しています。

 

PDFファイルを見る